--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.19(Tue):日々
不破「やぁやぁ、皆さまいかがお過ごぶべらっっ!!!

(桜華の拳が煙を上げている!)

レアーナ「早っ!?

不破「いきなり何をすけぷっ!?

(桜華の拳が真っ赤に燃えている!!)

レアーナ「いや、あの、桜華ちゃん?」

不破「ちょっとまぶ!!!

(桜華の拳が金色に光っている!!!)

レアーナ「す、ストップストップ!話しが進まないよっ!?」

桜華「・・・・・・・・・・あ゛?

レアーナ「続きをどうぞ」

不破「ごばっ!

   ぐぶっ!!

   おふっ!!!


(桜華の拳の輝きが薄れて行く)

桜華「ひゅうぅぅぅぅぅぅ・・・・・」


レアーナ「お・・・落ち着いた・・・?」

桜華「・・・・少し」



ちーん。



――大変お見苦しい処をお見せしました。

背後代理が復活するまでしばらくお待ちください――



不破「・・・まぁお怒りはごもっともだ。しかし一言もしゃべらせること無くハイパー化する事無いじゃないか」

レアーナ「自業自得ですよね・・・どれだけここ放置したと思ってるんですか」

不破「一応2ヶ月前に更新しただろう。見れた人がいるのかは知らないが」

桜華「こいつ・・・あぁ、そういやレアーナはもう平気?」

レアーナ「あ、うん。もうすっかり。いつまでもくよくよしてられないしね」

不破「ま、キミにとっては大ダメージだったろうが・・・また歩み始める事ができたなら何も言うまい」

レアーナ「・・・はい」

桜華「で?」

レアーナ「?」

不破「む?」

桜華「だからさ、こんだけ放置してたブログを今更更新して、なんか特別な話でも?」

不破「いや別に。昨日仮プレあげたから成り行きでびゅっ!!!



ちーん。



――大変(ry――



不破「いや、ホントに申し訳ないんだが、ただ何となくこのノリが懐かしくなっただけでね・・・」

桜華「形だけでもなんか話題出せオラ」

不破「ハイ、スンマセン。・・・そうだな、今更ではあるが、とりあえず二人ともカタストロフお疲れだ」

レアーナ「お疲れ様でした」

桜華「おっかれー」

不破「僕的にはもっと酷い在り様になるかと思ったんだが・・・思ったより被害は少なかったようだね」

レアーナ「犠牲が出なかったわけではありませんけれど・・・」

桜華「あの状態にしてはまぁ、最小限ですんだかなって。しかし2度とごめんだけどね、あんな追い詰められるのは」

不破「しかしそうも言ってはいられまい。3体の異形ゴーストは姿を暗まし、そして抗体ゴースト共も数多く出現してしまった。これからの戦いは更に激化するだろうしね」

桜華「まぁねー・・・」

レアーナ「そうですね・・・」

不破「レアーナはまぁ、ありがたいことに華都くんから継承を受けて学園でも最強クラスだ。そう簡単に死ぬ事は無いだろうが・・・」

桜華「育ててよー」

不破「そうだな・・・キミは今流行りのしたっぱーズとは一線を画すレギュラーキャラだし、少し本格的に、とは思っているんだが」

桜華「だが」

不破「すまん、ぶっちゃけ☆がキツぃ」

桜華「むぅ。さすがにそこは無理強いできないしなー」

不破「理解してもらえて助かる」

レアーナ「・・・ところで、異界の3rdさんの初BUをリクエストしたというのは本当でしょうか?」

不破「ぎく」

桜華「おい」

不破「いや、あははははべぶるぁっ!!??



ちーん。



――(ry――



桜華「くそぅ、あたしの新BUは一回流れただけで諦めたくせに・・・!」

不破「仕方ないだろ、好きなんだよ、妖精騎士とかそういう・・・」

レアーナ「妖精騎士逆輸入ぷりぃぃぃぃぃぃぃぃずっっっ!!!

不破・桜華『ビクゥッ!!!

レアーナ「ぅ~・・・」

不破「いや、気持ちは分かるがね・・・」

桜華「もろイメージだもんねぇ・・」

レアーナ「いいんです、私はガチジョブになって黙示録で優勝するのです」

桜華「コイツまぢで手の届くレベルにいやがるからな・・・」

不破「だがそれでも、そう上手くはいかないのが黙示録の難しいところだがね」

桜華「まぁねぇ」

レーアナ「がんばるっ」

不破・桜華『がんばれ』

不破「さて、ま、少し話しを戻すと、来週あたりはまた桜華を黙示録に出すよ」

桜華「お、まぢで♪」

レアーナ「よかったねー♪」

不破「流石にまたカタストロフの様な事があって死なれたのでは寝覚めが悪い」

桜華「縁起でもねぇ・・・」

レアーナ「シナリオである以上はレベルよりもプレイングが大切になってきますが・・・まぁレベルは上げておくに越したことありませんしね」

不破「うむ。ま、悪いが地道にやらせてくれ」

桜華「あいよー・・・そこはダダこねても仕方なし、気長に待つわ」

不破「そう言ってくれると助かる。さて、イマイチ取りとめが無くなってしまったが、今回はこのあたりで締めようか」

レアーナ・桜華『はーい』

不破「では、久々の更新でしたが楽しんでいただけましたでしょうか。

   できればまた暇を見つけて更新しますので、偶にでも見に来て頂けたら幸いです」


レアーナ・桜華『よろしくお願いしまぁす』

不破「それでは」



――閉幕――



スポンサーサイト
2011.02.04(Fri):日々
・・・

・・・・・

・・・・・・・

【Read More...】

2009.01.06(Tue):日々
(振袖のレアーナと桜華が畳に正座している)

レアーナ「みなさん」

桜華「明けまして」

レアーナ・桜華『おめでとうございます』(深々と礼)

レアーナ「・・・・・」

桜華「・・・・・」

レアーナ・桜華『おっそぉぉぉいっっっ!!!

レアーナ「もう6日だよ、桜華ちゃんっ!」

桜華「しかも日付が変わる直前なっ!」

レアーナ「日本人の桜華ちゃんより、私のほうが振袖似合ってるしっ

桜華「ほっとけぇぇぇぇぇっっっ!!!

レアーナ「はい、ごめんなさい」

桜華「大体責任者はどこいった」

レアーナ「不破さん?なんだか忙しいみたいだね」

桜華「ってことは?」

レアーナ「うん。今回は新年の挨拶のみの、簡易更新」

桜華「普段暇人のクセに・・・」

レアーナ「色々あるみたいだよ、不破さんも」

桜華「まぁしゃーないか」

レアーナ「最近は私でさえ黙示録くらいしか顔出せてないからね・・・(汗)」

桜華「あたしなんか陰も形も無いっつーの(苦笑)」

レアーナ「というわけで、お手紙を下さった方々、申し訳ありませんがお返事のほうは今しばらくお待ちください(ぺこり)」

桜華「じゃ、今回はこんなもんかね」

レアーナ「そうだね。それでは、みなさん」

レアーナ・桜華『今年もよろしくお願いします』(深々と礼)




【Read More...】

2008.10.28(Tue):日々
桜華「きゃっほ~っ♪不破さん誕生日おめっと~っ!!!

レアーナ「おめでとうございます♪

不破「ぬぉ!?・・・なんだ、覚えていてくれたのかい」

桜華「あったりまえしょーっ!なんせ今日で」

不破「19歳だからなっ!!!

桜華「何言ってんのー!今日で」

不破「19歳だからなっ!!!

桜華「・・・はい」

不破「分かればいいんだ、分かれば」

レアーナ「ま、まぁ実際不破さんは設定上今日で19歳、と」

不破「君はいい子だね、レアーナ」

レアーナ「おじいちゃんに育てられましたからっ♪」

不破「あぁ、そうだね。半日ほど話しただけだが、ユリウスは人間が出来ていた」

桜華「ちょ、あたしの親が悪いみたいぢゃん!」

不破「そう思われるのが嫌なら自重するんだね」

桜華「くっ・・・」

不破「まぁ実際、背後の友人達や親は、今年に限って嬉しそうに電話やメール、プレゼントをしてくるという、素敵過ぎるイヤガラセっぷりだ」

レアーナ「昨夜、0時過ぎると同時にメールを入れてきた人が数人いたそうで」

不破「あぁ。夜勤のクセにわざわざその時間に休憩をずらしてまでメールをしてきた馬鹿もいる始末だ」

桜華「同じことしたからでしょうが」

不破「忘れたよ、そんな古い話は」

桜華「ひでー・・・で、プレゼント何貰ったの?」

不破「何故君がそこを気にする・・・まぁいいか。貰ったのは欲しがってた運動靴とイーゼル、それから・・・」

レアーナ「イーゼルってなんですか?」

不破「絵を描く時に、キャンパスやパネルを立てるモノだよ。美術館なんかで見たことあるだろう」

レアーナ「あ~・・・分かりました」

桜華「で、それから?」

不破「それから・・・MGのHi‐νだ」

レアーナ・桜華「?」

不破「ガンプラだよ」

レアーナ・桜華「・・・?」

不破「・・・!知らないのかっ!ガン○ムのプラモデルだよっ!!!マスターグレードのHi‐νガ○ダムをくれたんだっ!

レアーナ・桜華「・・・・・?」

不破「く・・・これがジェネレーションギャップというものか・・・この平成生まれどもめ・・・orz」

レアーナ「私はそもそも日本生まれじゃありませんけどね」

桜華「19歳なら不破さんも平成生まれでしょうが」

不破「そうだった・・・」

桜華「あぁっ!でもなんかだぶるおーだかなんだかって聞いたことあるっ!」

不破「それだっ!!!」(←超嬉しそう)

桜華「『俺のこの手が真っ赤に燃えるっ!!!お前を倒せと・・・』

不破「合ってるが違ぁぁぁぁうっっっ!!!!!

桜華「えー」

不破「なんでそんな中途半端に古いトコ知ってるんだっ!W0とは関係ないっ!!!」

レアーナ「面倒くさいですねぇ・・・」

不破「奥が深いと言えっ!」

桜華「どーでもいいよ、もう。で、他にはなんか貰ったの?」

不破「く・・・君は今ガンダ○世代の人間を敵に回したぞ・・・。それだけだよ。元々誕生日を覚えてるような友達はほとんどいないしね」

レアーナ「寂しいですねぇ」

桜華「この引き篭もりめ」

不破「・・・」

レアーナ「そんな引き篭もりで友達の少ない不破さんに、私たちからプレゼントが♪」

不破「・・・なんだって?」

桜華「泣いて喜べ、普通のものだ

不破「・・・いや、あえてツッコむまい。で、何をくれるんだい?」

レアーナ「はーい、桜華ちゃん、持ってきて~♪」

桜華「あいあ~い」

(部屋の外から一抱えほどの箱を持ってくる)

不破「おぉ!?随分と大きいね。・・・うん、まぁ、もう見て分かった。包装もなにもしてないんだね」

レアーナ「大きかったもので♪」

桜華「小さいことは気にしない♪」

不破「あぁ・・・まぁいいか。これは・・・PC用の椅子だね。背もたれがメッシュの・・・なかなかにいいものじゃないか♪」

レアーナ「えぇ、いつもパソコンに向かってばかりでしょう?」

桜華「シルバーレインで発言したり、CG描いたり、発言したり、ゲームやったり・・・」

不破「遊び人か、僕は(苦笑)・・・組み立て式、か」

レアーナ「私たちが組み立ててもよかったんですが、ちょっと・・・」

桜華「ほら、一応女の子だし、こういうの慣れてないから失敗しそうでさw」

不破「そんなに難しいものじゃないんだがね・・・まぁ、組み立てくらいは自分でやるさ。・・・うん、ありがとう。高かったろう?」

レアーナ「★30くらいですね」

不破「★で聞くとやけに多く感じるな」

桜華「まぁまぁ、とりあえず、これからはこれ使って頑張ってよ」

不破「・・・あぁ、ありがとう」

桜華「くっくっく、感動してやんの」

不破「あ、いや・・・」

レアーナ「気に入ってもらえたようで何よりです♪」

不破「うん、まぁ・・・嬉しいよ」

レアーナ「それじゃ、ちょっと長くなっちゃいましたし、今日はこのくらいで」

桜華「ん、組み立てがんばってねん♪」

不破「あぁ、本当にありがとう。それじゃあね」

レアーナ・桜華「お疲れ様でした~♪」

(部屋を出て行く二人)

不破「ふむ・・・なかなかいいところもあるじゃないか。流石は・・・」

(ガチャッとドアが開き、二人が顔を出す)

不破「ん?どうしたんだい、何か忘れ物でも?」

レアーナ「あ、はい。これを」

不破「・・・?」

桜華「ここに置いとくね。それじゃっ!」

(と、再び出て行く二人)

不破「なんだって言うんだ・・・(置いていった物を見て)
・・・・・僕のクレジットカード・・・・・
って、待てぇぇぇぇぇっっっ!!!!!

桜華「気付かれたっ!

レアーナ「逃げよっ!

不破「こらぁぁぁぁぁっっっ!!!
・・・くそっ、タイトルに付いている「?」が気にはなっていたんだが・・・しばらく彼女等に回す★は無しだな・・・」











不破「・・・でも、座り心地はいいんだよね・・・



※背後注:椅子、ホントに買いました(笑)

2008.10.01(Wed):日々
桜華「たっだいまぁ~♪」

レアーナ「ただいま帰りました♪」

不破「あぁ、お帰り。・・・お?」

桜華「・・・ん?あたしなんか変?」

不破「いや、無事だな、と。レアーナは徹底して後衛だったからよほどのことがない限り重傷はないだろうと思っていたけど。君はねぇ・・・」

レアーナ「いえ、桜華ちゃんも後衛でしたから」

不破「何?」

桜華「そ。ポジションはクラッシャーだしアビリティも確かに気魄系ではあったけど・・・暴走黒燐弾なんだよね、あたしが持ってったの」

不破「あぁ、なるほどね。で、ひたすら片山くんを盾にしていたと。なるほどなるほど、そりゃあ無事なわけだ」

桜華「人聞き悪っ!背中を護ってたと言いなさい」

不破「護れてたのかい?」

桜華「ごめんなさい、ちょっと自信ないですorz」

不破「ま、君のレベルで無印を積んでいったところで、与えるダメージは高が知れるしね。

桜華「く・・・いいかえせねー・・・」

不破「で、戦果は?」

レアーナ「朝比奈・瑞貴さんは討たれたそうです。情報局では亡くなったようだ、といっていましたけど、私たちは遺体を直接は見てはいません。見えざる狂気に犯されていた天輪衆の上層部も倒れたそうで、百地・いろはさんの救出にも成功しました。ただ・・・」

桜華「【揺篭の君】には逃げられちゃったよ。流石に5桁の大群はキツい」

不破「5桁とは・・・いや、それでも目的の大半は果たしてきたわけだ。善哉善哉」

レアーナ「それと、これが私たちの個人戦績ですね」

不破「ふむ・・・
戦功はそれぞれ

『T/レアーナ・桜華』
1T/8位・応援
2T/23位・29位
3T/4位・25位
4T/6位・24位
5T/34位・41位
6T/16位・15位
7T/13位・13位
8T/28位・13位

か。
ほうほう、レアーナは偶に大きく落ちてもそれなりの順位は保ってるね。全体回復とBS治癒のおかげか」

レアーナ「そうですね。終始それのみに徹していましたし」

不破「桜華は・・・面白いな。絵に描いたような尻上がりだね。41位が一度あるが・・・君のレベルにしては上々だろう。最後にはタッグを組んでくれた片山君を上回ったか。これは片山君もビックリだ(笑)護っていたというのもあながち嘘ではない、か」

桜華「まぁネン♪」

不破「ふむ・・・」

レアーナ「どうかしましたか?」

不破「いやね。桜華の所属する『幻想の森』。イマイチ黙示録に活気が無いかな、なんて思っていてね」

桜華「むむ?」

不破「これだけの戦績を残せるのなら、偶にくらいなら出してやってもいいかな、と」

桜華「マヂで!?」

不破「ま、偶にだけどね」

桜華「よっしゃぁっ!いやもう、偶にでも充分!戦争時にしか経験値入んないってのはあまりにも空しくて!」

レアーナ「よかったね、桜華ちゃん♪」

桜華「おうっ!」

不破「さ、何はともあれ、今回はお疲れさんだ。寮に帰ってゆっくり休むといい」

レアーナ・桜華『は~い』

(部屋から出て行く二人)

不破「ふむ・・・まさか二人とも無事に戻ってくるとはね。だがまた直ぐに大きな戦いが起こるだろう。人狼とてそういつまでも大人しくはしていないだろうし。それまでに少しでも強くしてやりたいところだが・・・。ま、それも結局は背後次第、か」

フェード・アウト。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。